日本での被害

殺虫剤

トコジラミが保有している特徴

ここ最近、日本ではトコジラミによる吸血被害が増えています。そもそもトコジラミとは、セミやカメムシの仲間です。トコジラミの一番の性質は、1、2日毎に餌として体重の5倍程度もの吸血を行うことです。吸血にかかる時間は、トコジラミの幼虫で約3分、成虫で約10分程度かかります。人間が深夜寝ている時に吸血するので、ほとんどの方が刺されているのに気づきません。人間が刺されると生じる症状は、まずひどい痒痛を感じます。さらにひどい場合は、皮膚が蕁麻疹のように腫れたり、発熱します。また、かゆみが原因で睡眠不足や神経性の消化不良を起こす方もいます。自分の血を吸ったトコジラミが部屋にいることは、精神的に非常に不愉快なことです。よって、早期にトコジラミ駆除をすることが大事です。

トコジラミ駆除は専門家に任せたほうがいい

トコジラミ駆除は、プロの方に任せることで効率よく行えます。プロによるトコジラミ駆除方法は、まず目視でトコジラミの生体あるいは卵の捕獲を行います。トコジラミの成虫は、5ミリから8ミリなので目で見つけやすいです。ベッドの裏側、タンスの隙間、床の隅など、トコジラミはさまざまな場所に隠れています。長年のプロの経験を生かして、効率よく見つけて捕獲していきます。目視で生態を捕獲したら、次に行うのが高温スチーム施工です。これは、トコジラミが生息しやすい隙間に高温スチームを噴射するものです。トコジラミは熱に弱いので、効率よく死滅させられます。高温スチームを行うことで、びっくりした成虫が飛び出すこともあります。そのため、トコジラミの生息場所が特定することができます。これらのトコジラミ駆除方法を組み合わせて、徹底的に駆除が行えます。